読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VISION活動記録

変なデッキ紹介の人

20弾事前情報の考察(その1)

 

 

f:id:umiushicco:20160808203407j:image

 

 

1.風見 幽花

いつも通り。プレイされた時にライフポイントを増加させるコマンドカードを手札に加える。他の2つの効果はライフポイントが一定以上で適用され、ライフが50以上なら効果はそれなりに強力なものになる。

 

ライフポイントの増加によって相手にダメージを与えるので、プレイされて場に出た時に加える「横溢」はもちろん、14弾の紅美鈴等のライフポイントを増加させるカードをデッキに入れる必要があるだろう。

 

除去耐性等はないためライフポイントを増加させた後に出すと良いかも知れない。

 

この前このカードを使った仮組みデッキで「オールウェイズ冬眠できます」と「賢者の封書」のコンボされて死にそうになりました(小並感)

 

 

f:id:umiushicco:20160808203350j:image

 

 2.陽光「サンシャインブラスト」

果たしてこれは強いのか…?術者のサニーミルクは1ターン目に出すことが可能だが相手依存の効果なので確実性に欠ける。

 

しかし、地獄にも対応可能である点は強い。(それこそスペース発電機でも良い気はするが。)

 

相手の冥界や地獄はコマンドタイミングで触ることに意義がある場合が多いということは忘れてはいけない。

 

個人的に使うデッキが限られるカードだと思います。

 

 

f:id:umiushicco:20160808212019j:image

 

3.死のノート

対象すら取らないので全国大会で配布された博麗霊夢すら破棄することができる強いカード。その代わりに発動タイミングは限定され、装備したキャラクターの耐久力を大きく減らしてしまう。

 

名称を指定するので何らかの手段(変装とか)で名称を変更して破棄対象を増やす戦法もある。相手の場に気を取られ過ぎてうっかり装備者自身の名称を宣言することがないように。

 

対象を取らないが自身で破棄するカードを選べるカードは初なので発売後の活躍に期待したい。

 

 

f:id:umiushicco:20160808213320j:image

 

4.西行幽々子

いつも通り強い幽々子。効果によって出るキャラクターは攻撃力が3で、戦闘もしくは相手のカードの効果で決死になった場合に場のカードを破棄する効果があるので、防御されたり除去されたりすることは少ないだろう。

 

冥界の上のカードを出すので出るカードをある程度調節できるのも強い。幽々子自身のコストが4なので、ノードから破棄されるカードが対象になることが多いと思われる。裏向きカードの破棄順番は裏向きのまま指定することを忘れてはいけない(戒め)

 

問題があるとすれば同名である14弾幽々子が強いという点だ。正直どっちも厄介過ぎるので個人的には相手にしたくない。

 

 

画像引用元:全てvision公式Twitter。